img8897546541.jpg
img8897546542.jpg

生成される量は年齢を重ねるにつれて減少していく

人間には歳を重ねるにつれて体内で生成される物質が減っていきます。当然ながら減少によるデメリットは大きく、人体に様々な悪い影響を及ぼすことになります。加齢によって顕著に現れる病気が関節痛であり、これは体内のコンドロイチンが不足することによって引き起こされます。コンドロイチンは関節の骨を保護している軟骨を形成している成分です。主に軟骨に含まれている水分を調節する効果があります。これが不足すると軟骨が摩耗していき、保護されていた部分が剥き出しになります。

image

そして露出した面が他の骨とぶつかり痛みを伴います。これが関節痛の原因となります。つまり関節痛を治すためには不足しているコンドロイチンの摂取が必要です。

コンドロイチンを摂取するためにはサプリが最もおすすめです。コンドロイチンを多く有している食品でも摂取可能ですが、サプリには摩耗した軟骨の回復を助ける成分が配合されています。配合されている成分の中で、グルコサミンは非常にコンドロイチンと相性が良い成分です。

役割は摩耗した軟骨の再生であり、関節痛の根本的な原因を解決してくれます。さらにグルコサミンはコンドロイチンを生成する役割を持っています。これらの相乗効果によって軟骨の再生を迅速に進めることが可能です。

コンドロイチンの減少は加齢により避けられないため、関節痛を発症する前に予防として予めサプリによる摂取を推奨します。不足が理由で引き起こされる症状であるため、事前に必要な量を満たしていれば防げます。関節痛の改善に必要なコンドロイチンの量は約1200mgです。

そして相性の良いグルコサミンは約1500mgとなっています。なお、体重によっても理想的な摂取量は異なっています。必要摂取量は体重が軽ければ少なく、重ければその分多くなります。これらを基準にしてサプリで不足分の摂取を目標にするのがおすすめです。関節痛のない生活を送るには必須の成分であるため、若い頃から摂取する習慣を付けると健康的に過ごせます。