img8897546541.jpg
img8897546542.jpg

dhaが脳を活性化させるメリット

イワシ、サンマ等の青魚が豊富に含んでいるdhaは神経細胞の主な成分です。またdhaは人間の脳を活性化させる物質です。脳の活性化により記憶力や学習能力の向上に効果があります。これはイギリスで行われたdhaを含んだ母乳と含まない粉ミルクで育てた子供を比較した実験によって証明されています。結果は母乳を与えた子供の知能指数が粉ミルの子供よりも高くなったという結果になり、dhaは脳に対して有益な効果があると指摘されています。なお、dhaは体内で生成できない物質です。そのため食事やサプリメントによる摂取が必要となります。

image

現代の日本人は食生活で魚を食べる機会が減ってきているため、サプリでの摂取をすすめられています。

dhaの効果は主に脳の活性化ですが、特に神経細胞に対して働きをみせます。脳に存在してる神経伝達物質の量を増やす役割をもちます。増えることによって情報を処理しやすくなり、いわゆる頭の回転がはやい脳になります。さらに神経伝達物質を成長させる効果もあります。これらの作用が活性化を促し、記憶力や学習能力につながります。そして神経細胞を酸化させてしまう活性酸素から脳を守ります。

脳を活性化させるだけではなく、有害な物質からも守ってくれる物質です。他には血液をサラサラにする成分もあります。ドロドロした血液は血液が流れにくくなっている状態であり、血栓ができやすい危険な状態です。当然脳にも血管が無数に存在しているため、脳梗塞を引き起こすリスクがあります。したがって将来重い病気を患いたくない場合は摂取するべき物質です。

dhaの理想的な摂取量は1日2000㎎です。

個人の体格によって必要な量は上下しますが1日1000mgが理想です。魚を食べて摂取する場合、生で食べるのが最もおすすめです。理由は焼く、揚げるという調理方法は魚の持つdhaを落とすからです。そのため食事の場合は1週間の間に3回刺身を食べると必要な基準を満たせます。一方、魚が苦手な方はサプリによる摂取がおすすめです。dhaと相性の良い成分も配合されているので、他の足りていない栄養を補えます。