img8897546541.jpg
img8897546542.jpg

肌の劣化を防ぐためにはスキンケアが必要

女性はどれだけ年齢を重ねたとしてもうつくしく見られたいものです。そのため世の中には数多の化粧品が存在しています。化粧をすれば確かに若く見られますが、大切なのは肌の老化をすすめないことです。これを怠るとすぐにシワだらけの顔になってしまいます。なお、肌のピークは20代までとなっています。この時期までは手入れをしなくても老化はしませんが、30代からは水分が失われていき乾燥肌になります。

image

乾燥すると肌から水分が蒸発していき、シワの原因やほうれい線が目立つ理由となります。それらを防止するためにスキンケアが必須となります。

スキンケアを行うことによって肌の劣化を遅らせる効果があります。基本的には肌の乾燥が原因なので保湿を心掛ければ対処できます。スキンケアに必要なのは化粧水と保湿クリームです。使い方はぬるま湯で洗顔した後に化粧水を塗ります。

肌に馴染ませるように塗ることが大切ですが、圧力によって押し込むのではなく、化粧水が付いた手のひらで軽く叩く方法が適しています。馴染ませた後に保湿クリームを塗ります。これは化粧水によって保湿されている肌を守る膜のような役目を果たします。

また、自分で行うスキンケアに自信がない場合、あるいは自分に合った化粧水や保湿クリームが分からない時にはエステの利用がおすすめです。いきなりスキンケアを始めるのではなく、最初はカウンセリングを行い肌の状態や状況を調べます。現状を把握した上で最適な施術を行ってくれます。

エステでは顔の血行を促進させるリンパマッサージや日常生活で溜まった毛穴の汚れのケアもしてくれます。肌を最高の状態にした上でスキンケアを行います。

このように自分で行う他、エステのアドバイザーに任せることも可能です。スキンケアは30代から始める方が多いですが、20代後半から始めても早過ぎることはないです。この時期に始めたかによって将来の肌の状態が左右される場合もあります。いつまでも美しい肌を保ちたい場合は早めのケアが大切です。